とと父さん、ブログが大変なことに

マイホームを持つというのは多くの方にとってあこがれです。
一軒家の場合、新築一戸建て、中古などがありますが、本日ご紹介するのは新築一戸建ての中でも”注文住宅”に特化した、東京都八王子市の『アビリティーホーム』という業者になります。
注文住宅というのは一から家づくりを行っていく方法で、間取りやデザインなどを設計士の方と相談しながら壁紙やキッチン、バスなどいろいろなメーカーの中から選んでいくのが一般的です。
もともと完成している新築一戸建てと契約をする”建売住宅”とは異なり完成までに時間を要しますが、ご家族だけのオリジナルマイホームということもあり、人気が高いと言えるでしょう。

アビリティーホームの特徴は、全部で4つ。
・安心の明朗会計
引き渡しまでのトータル金額を提示してくれるので予算と相談しやすいです。
・職人が作る妥協しない家
家を作るのは建築に携わる職人、もちろん住宅のプロフェッショナルです。
・土地探しのサポート
住みたい地域などを伝えておけば徹底的にリサーチしてくれます。
・資金計画や住宅ローンの無料相談受付中
ローンを組んでマイホームを買うという方におすすめです。

これからずっとお世話になるホームメーカーですので、対応が丁寧で親切なこと、不安を払しょくしてくれること、一緒に希望の家を作ってくれることなどはとても重要。
アビリティーホームはこれらすべての条件を満たしています。

新築マンションと中古マンションだったらどっちを買いますか?
人によって意見はそれぞれ分かれるかと思いますが、安心感と資産価値で選ぶなら新築マンションですよね。
価格は少々高くなってしまうものの、数十年と長いスパンで見るなら十分検討の価値があると思います。

実は名古屋で新築マンションをお探しの方におすすめのサイトがあります。
まずは参考>>名古屋の新築マンションのHPへアクセスしてみてくださいね。
どうでしょうか、素敵だと思いませんか?
特にエクステリアにはこだわりが感じられて、ワンランク上の生活環境を提供してくれます。

マンションって本当に選びにくい買い物だと思います。
特に立地やデザイン・間取り、設備…などなど、こだわり始めるとキリがありませんよね。
でも新築マンションは高い買い物ですから、しっかりとこわだってから選びたいところです。
少しでも妥協してしまうと後で後悔する可能性もありますし、不便を強いられる可能性もありますよね。

名古屋で新築マンションをお探しなら、上記のサイトから探してみてください。
購入する場合も探す場合でも、安心できる業者を選びたいところだと思います。
こちらの業者は実績もあり、信頼性の高さも魅力です。
まずは問い合わせてみることから始めてみてはどうでしょうか?

中古マンションのことなら【三井住友トラスト不動産】アベノミクスや、2020年に開催される東京オリンピックに向けた都市再開発の影響で、最近マンション建設が盛んです。でも、やはり新築マンションはお値段が張るので、なかなか手が届きにくいですよね。

そんな方でもお手頃な値段で買えるものがあります。それが中古マンションです。2013年は少々伸び悩みましたが、今後中古マンションの供給、需要はどんどん伸びていくと予想されています。消費税増税の影響もあり、価格の安い中古マンションはますます買いですね。

中古マンションを買おうと思い立ったあなたは、是非とも三井住友トラスト不動産のホームページを覗いてみてください。豊富な中古マンションの物件情報に加えて、地域別アクセスランキングや地域別の特集などが充実しており、一気に買いたい物件へと辿り着くこと間違いなしです。首都圏のみに留まらず、中部、近畿、中国、九州の各地方も網羅されています。

また不動産購入や売却の流れ、そして買い替えの計画の立て方も、サイト内で懇切丁寧に説明してくれているのでイメージが湧きやすいですよ。その上、住宅ローンの返済のシミュレーションまでサイトの中でしてもらえてしまうので、言うことなしですね。

三井住友トラスト不動産で、素敵なマンションにあなたも巡り合ってくださいね!

東京都心の周辺は公共交通機関も発達しており、通勤圏として相変わらず人気があるようです。そのなかでも千葉県市川市は東京都江戸川区と隣接し、交通アクセスに関しても便利で近い存在となっており、とても需要が高い街です。そのような地域に通勤にも便利なマイホームを持ちたいと思いませんか?

そんな千葉県市川市の不動産情報を扱っている会社を紹介しましょう。市川市や本八幡の不動産情報を多く集めている「豊友ハウジング」です。「豊友ハウジング」では市川市の不動産や船橋市、本八幡を中心とした賃貸物件、売買物件情報を取り扱っています。市川市でマイホームを求めたい方には必見のサイトがこちらなんです。http://www.hoyuu.com/

住まいを購入されたい方は、このページから新築・中古一戸建て物件、マンション物件、または土地のみと、住まいの種別の選択と、エリアの選択をすればすぐにそのおすすめ物件情報が表示されるようになっています。
また、豊友ハウジングでは「豊友ネット倶楽部」という無料で登録できる会員を募集中とのこと。会員になると会員限定のお得な情報をいち早くお届けしているそうです。
お客様の理想にあった物件がきっと見つかると思うので、このサイトへアクセスされてみてください。市川市の不動産、新築戸建住宅、売地などの不動産情報は市川市や本八幡の豊友ハウジングがおすすめです。

マイホームを建てるときには、広さや規模、デザイン、コンセプトなど、いろいろなことが気になりますが、まずは、どこに建てるか、どんなところに住むか?を決定しなければなりません。

土地の選び方は、業者任せにしないで自分の足で探すのが一番なのですが、素人が闇雲に探し回っても功を奏するとは思えません。

土地には、用途地域という分類があり、それぞれに法で定められた制限が設けられています。また、それぞれの用途にはメリットとデメリットがあります

用途地域の種類には、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域、工業専用地域があります。

住宅を建てるとしたら、第一種低層住居専用地域が理想的なのですが、建築条件が厳しく建坪率は地域の都市計画にもよりますが、30%、40%、50%、60%のいずれかで、容積率も同様に制限があります。

つまり、一定の土地面積がなければ、ゆったりとした住宅は建築できないことになります。

もちろん、高さ制限も厳しく10mもしくは12m以内にしなければなりません。

しかし、逆に考えると、間近にいきなりマンションが建設されるとか、風俗店などが建設される心配はないということになります。