とと父さん、ブログが大変なことに

新築マンションと中古マンションだったらどっちを買いますか?
人によって意見はそれぞれ分かれるかと思いますが、安心感と資産価値で選ぶなら新築マンションですよね。
価格は少々高くなってしまうものの、数十年と長いスパンで見るなら十分検討の価値があると思います。

実は名古屋で新築マンションをお探しの方におすすめのサイトがあります。
まずは参考>>名古屋の新築マンションのHPへアクセスしてみてくださいね。
どうでしょうか、素敵だと思いませんか?
特にエクステリアにはこだわりが感じられて、ワンランク上の生活環境を提供してくれます。

マンションって本当に選びにくい買い物だと思います。
特に立地やデザイン・間取り、設備…などなど、こだわり始めるとキリがありませんよね。
でも新築マンションは高い買い物ですから、しっかりとこわだってから選びたいところです。
少しでも妥協してしまうと後で後悔する可能性もありますし、不便を強いられる可能性もありますよね。

名古屋で新築マンションをお探しなら、上記のサイトから探してみてください。
購入する場合も探す場合でも、安心できる業者を選びたいところだと思います。
こちらの業者は実績もあり、信頼性の高さも魅力です。
まずは問い合わせてみることから始めてみてはどうでしょうか?

マイホームを建てるときには、広さや規模、デザイン、コンセプトなど、いろいろなことが気になりますが、まずは、どこに建てるか、どんなところに住むか?を決定しなければなりません。

土地の選び方は、業者任せにしないで自分の足で探すのが一番なのですが、素人が闇雲に探し回っても功を奏するとは思えません。

土地には、用途地域という分類があり、それぞれに法で定められた制限が設けられています。また、それぞれの用途にはメリットとデメリットがあります

用途地域の種類には、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域、工業専用地域があります。

住宅を建てるとしたら、第一種低層住居専用地域が理想的なのですが、建築条件が厳しく建坪率は地域の都市計画にもよりますが、30%、40%、50%、60%のいずれかで、容積率も同様に制限があります。

つまり、一定の土地面積がなければ、ゆったりとした住宅は建築できないことになります。

もちろん、高さ制限も厳しく10mもしくは12m以内にしなければなりません。

しかし、逆に考えると、間近にいきなりマンションが建設されるとか、風俗店などが建設される心配はないということになります。